【差別問題】盲導犬の入店拒否、共に暮らせる社会実現に向けて

【差別問題】盲導犬の入店拒否、共に暮らせる社会実現に向けて

盲導犬の入店拒否、嘆く障害者 共生道半ば、差別解消法3年目 盲導犬の入店拒否、嘆く障害者 共生道半ば、差別解消法3年目
…多く、誰もが分け隔てられることなく共に暮らせる社会の実現は道半ばだ。 「盲導犬はだめです」。福井市内の全盲の女性(73)は昨年、同市内の飲食店を友人と…
(出典:福井(福井新聞ONLINE))

者の一人が、介助犬同伴での受験を希望したのに対し、「犬アレルギーの受験者への配慮」などの理由で、同伴を拒否した事例も明らかになっている。 店舗側の入店拒否についても議論がされている。介助犬を伴った入店に関して店舗側が断るケースである。 「身体障害者補助犬法」には義務としてあるが、やむをえない場合には
7キロバイト (1,122 語) – 2016年8月28日 (日) 13:37


(出典 rr.img.naver.jp)

(管理人より一言)
盲導犬を連れていたら入店拒否する飲食店がまだまだ多いとか。思っているより賢いんですけどね。

むしろ、罪のない盲導犬に悪さをする人間の方が許せないですよ。

障害者にしてみれば犬であっても家族同然なわけで、普通に受け入れられるような差別のない社会の仕組みにしてもらいたいですよね。

続きを読む

Source: いっちゃが!食べて痩せるブログ
【差別問題】盲導犬の入店拒否、共に暮らせる社会実現に向けて